シビックタイプRの新型の価格は?FK2の中古とFD2やEK9、EP3の比較!

新型シビックタイプRと言えばFK2型ですよね。

欧州のニュルブルクリンクでFF最速を記録した最強のFF車。

EK9EP3FD2と代々に受け継がれしシビックタイプRのDNA。

新型のFK2は中古価格でもまだまだ高い??

 

『新型のシビックタイプRの価格は??』

まず、新型のシビックタイプRと言えばイギリスの向上で生産されて、

日本のユーザーへと輸入される形式での限定台数販売でしたよね。

いやぁ、私としては限定台数での販売ではなく、通常形式で販売してほしかったですが・・・

 

とは言え、ホンダも予算の関係があるでしょうし、受注した数だけの生産で在庫は抱え込みたくなかったはず。

ということもあって、ホンダも新型シビックタイプRを多くの人に届けたいが、泣く泣く限定台数にしたのでしょう。

まぁ、アラフィフの私としては、若い世代の人達に新車で新型シビックタイプRをゲットできる環境は残しておいてほしかったですが。

限定台数販売でなければ、私だって貯金をして、新型シビックタイプRを買おうと思ったでしょうね。

 

で、そんな新型シビックタイプRの価格ですが、新車ではなくて中古でしか購入できない現在。

いろいろと中古価格の相場を調べてみると、状態が良いシビックタイプRとかだと500万円を超えるという。

まぁ、中古とは言え、まだまだ新車同然の状態でしょうから、そこはしょうがない??

中古のS2000でも数百万円は余裕で超えたりしますからね・・・

 

『FK2(新型シビックタイプR)の中古の価格は??』

で、FK2こと新型シビックタイプRの中古の価格というのは、

上でも書いたように、とあるサイトで調べてみたところ500万円でした。

ニュルブルクリンクでFF最速のモンスターですから、そこはしょうがない。

 

そして、Fk2の前代であるFK9やEP3、FD2だと、状態が良い中古だと200万円前後以下でしょうね。

中古のS2000の例の如く、それくらいは普通である人気の中古スポーツカーだと言えます。

とは言え、ホンダがスポーツカーを日本であまり販売しなくなった頃に比べれば、

こうやってブランドの回復を図ってくれているのは嬉しいですよね。

 

『比較すると、EK9やEP3、FD2で我慢すべき??』

さて、新型シビックタイプRのFK2型だと中古でも500万円オーバーですし、

そもそも中古でさえも玉数が非常に少ないレアなクルマです。

ほんのつい最近に出た大人気スポーツカーのシビックタイプRですし、

まだまだ中古で出て来るのは少ないのは我慢するしかないです。

新車の価格に比べれば、まだかわいいものでしょうか??

まぁ、2015-2016年のモデルですから、しょうがないですよね・・・

 

で、やはり、FK2を現在狙うのではなく、EK9やEP3、FD2の過去のモデルのタイプRを

狙うのが今でもセオリーでしょうね。

価格も高くても200万円ちょっとでしょうし、若い人にもおすすめ。

アラフィフな私にとって、個人的にはEK9のボディデザインが大好き♪

何年経っても色褪せない名スポーツカー『シビックタイプR』だと言えますよね。

 

追伸:シビックタイプRの新型の代わりにフィットRSがおすすめ!!

フィットRSの形状は、シビックタイプRのボディと似ています。

そして、フィットRSの魅力や買取について書かれたおすすめブログを見つけたので紹介したいと思います♪

 

私もシビックの新型をそろそろ検討しようと思っており、古い現在のシビックの買取で悩んでいたんですよね。

でも、日本向けに新型シビックが登場することが決定になってからにしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です